スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

広島県「宮島」散策と紅葉その1

広島県 宮島
宮島 撮影2008年11月21日
宮島桟橋 写真

☆読売旅行 安芸の宮島と岩国錦帯橋 出発日2008年11月21日
見学時間:宮島(2時間30分)と岩国錦帯橋(1時間30分)
両方とも、見る場所が多すぎて駆け足で撮った写真を順次upしていきます。
ゆっくり散策するなら宮島は1日、錦帯橋は半日コースだと思います。
宮島口からフェリーで約10分。宮島桟橋に11:15到着。小雨の中を紅葉の名所で知られる「紅葉谷公園」へと。

広島県 宮島
宮島 撮影2008年11月21日
大鳥居(国重文) 写真
海中に浮かぶ厳島神社の大鳥居は、宮島のシンボルです。
☆ちょうど鹿に出会い、鳥居を背景に撮影。

広島県 宮島
宮島 撮影2008年11月21日
大鳥居付近でのの鹿 写真
☆潮が引いていたので、観光客は砂浜を散歩中。

広島県 宮島
宮島 撮影2008年11月21日
厳島神社(国宝・重文) 写真
寝殿造りの建築で、鮮やかな朱塗り・檜皮葺きの屋根、配列された柱など平安時代の建築美を物語っています。

広島県 宮島
宮島 撮影2008年11月21日
厳島神社(国宝・重文) 写真

広島県 宮島
宮島 撮影2008年11月21日
厳島神社(国宝・重文) 写真

広島県 宮島
宮島 撮影2008年11月21日
五重塔(国重文) 写真
創建は応永14年(1407)。


スポンサーサイト

テーマ : 旅の写真
ジャンル : 写真

広島県「宮島」散策と紅葉その2

広島県 宮島
宮島 撮影2008年11月21日
もみじ谷公園 紅葉 写真
天然記念物に指定されているもみじ谷公園は、紅葉の一大名所として有名。燃えるような紅葉や楓が、秋に楽しめます。
ここからは、獅子岩までのロープウェイが通じています。

広島県 宮島
宮島 撮影2008年11月21日
もみじ谷公園 紅葉 写真
もみじ橋付近の紅葉

広島県 宮島
宮島 撮影2008年11月21日
もみじ谷公園 紅葉 写真

広島県 宮島
宮島 撮影2008年11月21日
もみじ谷公園 紅葉 写真

広島県 宮島
宮島 撮影2008年11月21日
もみじ谷公園 紅葉 写真

広島県 宮島
宮島 撮影2008年11月21日
もみじ谷公園 紅葉 写真
もみじ歩道の紅葉

テーマ : 紅葉
ジャンル : 写真

広島県「宮島」散策と紅葉その3

広島県 宮島
宮島 撮影2008年11月21日
もみじ谷公園
もみじ谷橋 紅葉写真
☆この橋を渡ると紅葉谷駅ロープウエー乗り場へたどり着きます。

広島県 宮島
宮島 撮影2008年11月21日
もみじ谷公園
もみじ谷橋付近 ウリハダカエデ 紅葉写真
☆宮島に昔からある楓で、ロープウエー沿線に多く自生しているとか。

広島県 宮島
宮島 撮影2008年11月21日
もみじ谷公園
紅葉写真

広島県 宮島
宮島 撮影2008年11月21日
もみじ谷公園
散策路の紅葉 写真


宮島 撮影2008年11月21日
もみじ谷公園
散策路の紅葉 写真


宮島 撮影2008年11月21日
もみじ谷公園
東屋での鹿 写真
☆鹿も紅葉を楽しんでいるみたいです。


宮島 撮影2008年11月21日
もみじ谷公園
☆巨石を巧みに配置した渓谷美と秋の紅葉を楽しませてくれます。

テーマ : 紅葉
ジャンル : 写真

広島県「宮島」散策と紅葉その4

広島県 宮島
宮島 撮影2008年11月21日
大聖院(だいしょういん)の仁王門 写真
緑深い弥山の麓にある真言宗の御室派の大本山。

☆集合時間が迫ってくる合間の写真で、仁王門で帰ることになり紹介にはなりませんでした。
広島県 宮島
宮島 撮影2008年11月21日
仁王門の彫刻 写真

広島県 宮島
宮島 撮影2008年11月21日
大願寺 写真
厳島神社の修理、造営を明治維新まで司ってきたのが当寺院です。
☆そばにある樹木は、幹から8本の枝が出ている珍しい木です。

広島県 宮島
宮島 撮影2008年11月21日
人力車 写真

広島県 宮島
宮島 撮影2008年11月21日
厳島神社にかかるアーチ橋 写真

テーマ : 旅の写真
ジャンル : 写真

広島県「宮島」散策と紅葉その5

広島県 宮島
宮島 撮影2008年11月21日
鹿 写真
☆鹿が紙をくわえているところですが、食べたのでしょうか?。

現在宮島に生息しているシカは、宮島が6000年ほど前に島になる以前から住み着いていた野生動物なのです。
奈良の春日大社の場合と違って、厳島神社とシカは関係がありません。
江戸時代も後期になると宮島も有名観光地としてしられるようになりましたが、そのころから俗に「神鹿」といわれ始めたのではないでしょうか。
時代は変わって、昭和、第二次大戦後の混乱期には多くのシカが殺され、姿を消してしまいました。わずかに残ったシカを保護し、増殖につとめた結果、個体数は次第に回復したのです。その後日本は高度度経済成長を遂げ、宮島にも年間200万から300万人の観光客が訪れるようになりました。多くの観光客が餌を与えるようになると、野生生活を捨てて、町周辺に居着き、人間に頼る暮らしが当たり前になってきたのです。
こうなると、大きな問題が起きてきました。シカの糞尿による公衆衛生上の問題、雄のシカによる怪我、森の破壊なと環境問題が無視できなくなって来たのです。それ以上に、シカ自体にも大きな問題が降りかかって来たのです。江戸時代の美風も現在のような飽食の時代ではもはや美風ではすまされないようです。(ネットから引用しています)

広島県 宮島
宮島 撮影2008年11月21日
大鳥居 写真
☆帰りには海の中に浸かっていました。

広島県 宮島
宮島 撮影2008年11月21日
鹿 写真

広島県 宮島
宮島 撮影2008年11月21日
鹿 写真

広島県 宮島
宮島 撮影2008年11月21日
フェリー 写真

広島県 宮島
宮島 撮影2008年11月21日
フェリー 写真

テーマ : 旅の写真
ジャンル : 写真

プロフィール

ケン

Author:ケン
FC2ブログへようこそ!
平成25年新居浜太鼓台祭りほか掲載中

新居浜太鼓祭り2012年
新居浜太鼓祭りはこちらから
新居浜太鼓祭り2011年はここをクリック
新居浜太鼓祭り2010年はここをクリック

最近の記事
全記事のタイトルを表示するリンク

全ての記事を表示する

デジカメで伝える写真集
好きなテーマを選んでください
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。